この空気が吸いたかった。

今まで地元を離れて暮らした事がなかったからこそ、味わえたこの豊かな空気。

今まで地元を離れて暮らした事がなかったからこそ、味わえたこの豊かな空気。

半年の入院生活。

4ヶ月間の関東生活。


都会の良さも少し感じれました。

でも、私はやっぱり此処がいい。

東京は多くの物が溢れています。

欲しいと思えばある程度が手に入ります。

でもそれは

この時代、ネットを活用すればある程度の同じ状況は手に入るのではないでしょうか。

 

都会に自然があってもそこには人も大勢います。

どこに行っても人。人。

自分で自分の音が聞こえない。

ひと時は楽しいかもしれないが、心は騒ついたままです

 

誰かを常に気にして、

自分のために生きてるのではなく、人から認められるために生きている。

 

ONとOFFがしっかり作れる環境。

自分に目を向けられる環境がとても大切です。

 

目を閉じ、耳を塞ぎ、大きく深呼吸をする。

 

今の自分がその場所で豊かに暮らせているかをもう一度問いてみませんか?

 

『梨の花が咲いたら風が強い時期がくる』

 

明確な理論などないのに同じ事が起こります。

これは古来からも、そしてサバンナで暮らすような民族であっても同じです。

自然と対話してるからこそ得れる知識。知恵なのです。

そんな教科書やネットでさえも学べない知識をもっているおばあちゃんと、私は共に過ごしていく。

 

ネット環境が普及してる中、

暮らしてる場所で貧富の差など決まりません。

最低賃金も関係ありません。

 

私は田舎で晴耕雨読のライフスタイルを確立。

自分が生きる場所を自分で選んだのです。


クリック→晴耕雨読の生活を得る為に




 

友だち追加


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です