歩かなくなって約2ヶ月。

私は歩き方を忘れた。

 


 

 

入院から約3週間後にはリハビリを開始しました。

腹筋が半分しか効かない分、座っているのもやっとのはずなのですが

野生的感覚を発揮して初日でマスター。

 

その後も驚異的なスピードで各動作を習得していきました。

獣と戦う為に日ごろからトレーニングを欠かさずに行い

タンパク質摂取の為に

病院にまで熊肉を煮て持ってきてもらったおかげですかね。


 

カラダを動かすには脳から信号が送られ中枢神経系を通って運動機能が働きます。

触れた時の感覚や痛みは末梢神経系を通って脳へ送られます。

 

脳から一番遠い末梢神経は足先だと思いがちですが

実は…

肛門が一番遠い末梢神経になるんです。

 

それはなぜなのか、

 

人類の祖先がかつて四足歩行動物であったことが反映されているから

 

と云われています。

 

このような事実を知り

’’ カラダ ”のつくりを改めて考え直すキッカケになりました。

 

タレントの武井壮さんは

以前、大きな怪我をし医者からは

もう歩けないかもしれない

と宣告されました。ですが、

自分で骨のつくりを調べて

その通りに骨が治るイメージをずっとしていたところ2ヶ月で完治したそうです。

医学的根拠はないにしろ

人間の潜在能力はまだまだ計り知れないものである事は感じさせられます。

 

リハビリ室では104歳のおばあちゃんが骨折後のリハビリで平行棒内を歩いていました。

 

ヒトはいくつになっても学習し成長し適応できる動物です。

私の一度途切れてしまった信号も、

また学習させることで繋がることができると信じています。

 


 

皮を剥いでしまえばヒトは皆同じつくりであるにも関わらず

 

それぞれに個人差があるのはなぜだと思いますか?

 

それは遺伝などが関係しているわけではなく

’ 在り方 ”の差ではないでしょうか。

 

自分の潜在能力がどのくらい隠れているのか

最大限に引き出すことによりどう変化できるのか

 

自分の可能性を知りたいとは思いませんか?

 

私はそんな引き出し方を教えてくれる1つの方法を見つけました。

自分は自分の中の何パーセントを引き出して生活出来ているのか

この機会に考えてみてください。

 

知的パフォーマンスを極限まで高める方法(クリック)

 

 


 

追伸:

前回の投稿に多くの方からコメントを頂き、とても感謝しております。

ありがとうございます。

繰り返し読むたびに自分が今後どう在るべきかを考えさせられます。

今後もブログを通してなにか少しでも

皆さまのお役に立てるような存在でありたいと思います。

よろしくお願いします。

 

 

Maco


3件のコメント

    takayuk.iyaman · 2018年9月5日 3:55 PM

こんにちは。いつも拝見させて頂いてます。
改めてMacoさんの常にいつもどんな時にも前向きな姿勢には感服いたします。
心配でいつも励ましの言葉を探している自分がいても 
逆にいつも励まし、応援をして頂いています。 
今回のブログも非常に考えさせれました。
私もMacoさんに負けないように目指す場所まで必ず
辿り着きます。
いつかお会いできる日を楽しみにしています。
必要のない言葉かも知れませんが、お体気大切に頑張ってください。

Katayan · 2018年9月9日 5:54 PM

Maco、復活!!
やはり、あなたは美しく強い人だった。

奇跡はあります。
でも、それは魔法使いや神様が奇跡を起こしてくれるのではなく、
その奇跡を起こすのは、自分自身の強い思いです。

自分はどう「在りたい」かですね。

勇気と愛をありがとうございます。

また、メッセージします。

真理 · 2018年9月10日 8:03 AM

Macoさん、初めて投稿させていただきます、真理です。
「奇跡」は偶然じゃなく努力の結果なのかもしれませんね。
そんな奇跡がMacoさんに1秒でも早く訪れると願っています。
そしてお会いしてみたいです(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です